• 渋谷駅より徒歩7分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

03-3486-0557

受付:平日9:00~19:00 土日祝日・夜間要相談

兄弟に知られずに後見の申立をしたい

兄弟に知られずに後見の申立をしたい

 

みなさん、こんにちは。
東京・渋谷の司法書士の新宮信之です。

 

90歳になる母親が認知症のため自分で財産管理ができていない状態です。私は東京に住んでいるのですが、母親と兄は大阪に住んでいて、比較的近くに住んでいます。なお、母親は一人暮らしです。
兄は、どうやら母親の判断能力が衰えて何も文句を言わないことを良いことに、実家に寄っては少しずつ現金や目ぼしいものを取っていっているようです。 私が近くに居られれば良いのですが、仕事があるためそういう訳にもいきません。 そこで、成年後見の申立を行い、第三者の専門家に後見人になってもらい、財産が減ってしまうのを防ぎたいと思っています。
兄に後見手続きを進めていると知られてしまうと、文句を言われたり、妨害を受けたりするのではないかと思っています。できれば、兄には知られずに手続きを進めたいのですが、可能でしょうか?

 

裁判所の手続き上、兄に知られずに後見申立の手続きを行うことは、まず無理だと思ってください。

出来る場合もあるかもしれませんが、非常に困難です。

 

 

親族の同意

後見申立の添付書類には、親族の同意書があります。

出来るだけもらえる親族には同意書をもらいますが、基本的には相続人となる者の同意書があれば問題ありません。

 

今回、兄は母の相続人ですから、基本的には同意書をもらわなければなりません。

しかし、相談者の兄が後見申立の反対をしていることが明らかである場合には、当然に同意書をもらうことは出来ません。

 

このような場合であっても、後見の申立自体が出来なくなるわけではなく、裁判所は申立を受理し、その後に、親族である兄に対して意向を照会する文書又は電話がいくことになります。

 

したがって、兄に知られずに手続きを行うことは非常に難しいのです。

 

しかし、後見の手続き自体は、親族に反対している人がいたとしてもすることが出来ます。

なぜなら、後見制度というのは、相続人や親族のためのものではなく、利用する本人のための制度だからです。

 

今回、もともと第三者の後見人を希望しているので問題ありませんが、親族間で揉めているような状態ですと、親族が後見人になるケースは少なく、第三者の専門家がなるケースが多いです。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 渋谷区Aさん…

    私の場合、出張で地方にたびたび行っており、相談する時間が土日しかありませんでした。 土曜日に始めて電話をしたら即日相談可能ということだったので、 すぐに事務所に行きました。 仕事の都合上なかなか…

  • 港区Kさん …

    ある弁護士の所に相談に行ったのですが、 結構費用が高かったので、新宮先生にお願いしました。 その他立地が良かったこともあります。…

  • 川崎市Sさん…

    相続と後見の両方でお世話になりました。 相続が複雑だったのでトータルで半年以上お付き合いいただき ありがとうございました。 先生には後見かんとく人にもなっていただいているので、 この先何年もお…

  • 千葉市Tさん…

    成年後見の相談で先生の事務所に伺いました。 私の場合、母は後見を利用できませんでしたので、代わりに遺言書の作成をお願いしました。 たびたび、電話をさせていただいたのですが、丁寧な説明をその都度して…

お客様アンケート一覧についてはこちら
相談・解決事例
Contact
 
PAGETOP