• 渋谷駅より徒歩7分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

03-3486-0557

受付:平日9:00~19:00 土日祝日・夜間要相談

後見申立ての理由トップ5

後見申立ての理由トップ5

 

みなさん、こんにちは。
東京・渋谷の司法書士の新宮信之です。

 

みなさんも、さまざまな理由で後見の申立を考えておられるかと思います。

平成25年の裁判所公表の統計データによると、後見申立ての動機トップ5は次のようになっています。当事務所で受任した案件や相談案件も概ねこのようになっています。

 

第1位「預貯金等の管理・解約」2万8108件

やはりダントツで第1位となっているのが、「預貯金等の管理・解約」でした。

認知症となっている親の預貯金の管理をしたい、不慮の事故で意識不明になった家族の預貯金から医療費を捻出したいといった理由が一番多く、当事務所でもこれが1番でした。

 

第2位「介護施設入居のため」1万2162件

介護施設に入居する際、施設の方から後見人を立てなければ施設に入居できませんといわれることがよくあります。

家族の方もそれまで後見制度というもの自体知らなかったけれど、仕方なく後見制度を利用したという方も多いのではないでしょうか。

 

第3位「身上監護のため」7997件

第2位と似ていますが、財産管理以外の身上監護のためというのが第3位に入っています。

 

第4位「不動産の処分」6649件

不動産を売却しようとしたら、不動産業者から、あるいは決済の近くになってから、司法書士に後見人を立てなければ不動産の売却は出来ないといわれてしまうということが良くあります。

 

特に不動産の売却を本人自身が手続きを進めているのではなく、もっぱらその家族が進め、売却してその代金をとってしまうということがあります。

家族は、本人に代わってやってあげているという気持ちかもしれませんが、あくまでも本人に売却の意思がなければ契約は成立しませんし、判断能力がなければ当然契約も出来ません。

 

後見人を立てずに安易に進めてしますと、金額が大きいだけに大変なことになります。

 

第5位「相続手続き」6163件

遺産分割協議をしようと思ったら、親が認知症でまったく判断能力がなく、相続手続きが進められない、というケースも最近増えてきています。

 

これは、相続登記などの相続手続きの相談の中で分かることで、後見申立ての相談単体ということは余りありません。

これは意外に時間がかかるのが一般的です。というのもの、後見人になる方は、通常その家族です。

 

そして、被後見人もその後見人となる人も相続人というケースが多く、このまま遺産分割協議をしることができないのです。

特別代理人を選任しなければ、遺産分割協議書をすることができず、もうひと手間かかってしまうのです。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 渋谷区Aさん…

    私の場合、出張で地方にたびたび行っており、相談する時間が土日しかありませんでした。 土曜日に始めて電話をしたら即日相談可能ということだったので、 すぐに事務所に行きました。 仕事の都合上なかなか…

  • 港区Kさん …

    ある弁護士の所に相談に行ったのですが、 結構費用が高かったので、新宮先生にお願いしました。 その他立地が良かったこともあります。…

  • 川崎市Sさん…

    相続と後見の両方でお世話になりました。 相続が複雑だったのでトータルで半年以上お付き合いいただき ありがとうございました。 先生には後見かんとく人にもなっていただいているので、 この先何年もお…

  • 千葉市Tさん…

    成年後見の相談で先生の事務所に伺いました。 私の場合、母は後見を利用できませんでしたので、代わりに遺言書の作成をお願いしました。 たびたび、電話をさせていただいたのですが、丁寧な説明をその都度して…

お客様アンケート一覧についてはこちら
相談・解決事例
Contact
 
PAGETOP