• 渋谷駅より徒歩7分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

03-3486-0557

受付:平日9:00~19:00 土日祝日・夜間要相談

成年後見と贈与

成年後見と贈与

 

みなさん、こんにちは。
東京・渋谷の司法書士の新宮信之です。

 

このたび、高齢となり認知症でもある父親に関して、成年後見の申立を行おうと思っています。成年後見について色々調べてみると、もし私が後見人になった場合には、私の妹は父親から贈与を受けることができないと聞きました。
私の妹は生まれつき体が弱く、普通の人のように会社で働くことができません。そのため、父は妹に年間100万円もいかない金額ですが、生活のために渡していました。家族もこのことはみんな知っているし、何よりも父親の意思によって今までずっと行われてきたことです。
やはり、後見制度を利用したら、贈与は出来なくなるのでしょうか?

 

原則として、被後見人の財産は本人自身のために利用しなければなりませんので、妹さんに贈与するということはできません。これが原則です。

 

しかし、父親が元気なうちから毎年体の弱い子供のために援助を行うというのは、よくある話で、またそれが親心というものでもあります。

いわば、父親の扶養に入っていたようなものです。 これが、判断能力が衰えて、後見人がつくと一切認められないというのは、普通の感覚からいっておかしい話です。

本人の意思を最大限尊重するというのは、成年後見制度の理念でもあります。

 

これと似たような事例があり、裁判所に相談してみたことがありますが、監督人の意見を聞いて、監督人が良いといえば大丈夫でしょうが、金額はだいぶ減らされるようなことを言われました。裁判所としては、原則を貫きたいというものは良く分かります。

原則を貫けば、問題は少なくても発生しません。

 

しかし、原則を貫きたいという思いと本人の意思の調整が必要になってきます。

当然父親の財産がどんどん減ってきているのに、今までどおり贈与し続けるというのは、良くないでしょう。

 

まさにケースバイケースというほかなく、相談者様の場合に、どうなるのかは総合的に判断しなければ何ともいえません。

 

はやり、被後見人の置かれた状況と意思を調整しつつ、どのようにするか後見人だけで勝手に決めてしまうのではなく、監督人がいれば監督人、あとは裁判所とよく相談することをお勧めします。

 

 

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 渋谷区Aさん…

    私の場合、出張で地方にたびたび行っており、相談する時間が土日しかありませんでした。 土曜日に始めて電話をしたら即日相談可能ということだったので、 すぐに事務所に行きました。 仕事の都合上なかなか…

  • 港区Kさん …

    ある弁護士の所に相談に行ったのですが、 結構費用が高かったので、新宮先生にお願いしました。 その他立地が良かったこともあります。…

  • 川崎市Sさん…

    相続と後見の両方でお世話になりました。 相続が複雑だったのでトータルで半年以上お付き合いいただき ありがとうございました。 先生には後見かんとく人にもなっていただいているので、 この先何年もお…

  • 千葉市Tさん…

    成年後見の相談で先生の事務所に伺いました。 私の場合、母は後見を利用できませんでしたので、代わりに遺言書の作成をお願いしました。 たびたび、電話をさせていただいたのですが、丁寧な説明をその都度して…

お客様アンケート一覧についてはこちら
相談・解決事例
Contact
 
PAGETOP