• 渋谷駅より徒歩7分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

03-3486-0557

受付:平日9:00~19:00 土日祝日・夜間要相談

成年後見の申立を取り下げたい

成年後見の申立を取り下げたい

成年後見の申立を行ったが取り下げしたい、という相談が最近増えてきています。

成年後見の申立を行った場合、正確には申立書類を裁判所に提出した以降に、

この申立を取り下げるには家庭裁判所の許可を得られなければ、取り下げることができません。

 

このブログでも何度か折に触れて書いてきていますが、改めて書いてみたいと思います。

 

申立時に司法書士や弁護士が関与している場合には、この説明を必ず受けるはずですが、自分自身で申立書類を作成して、申立を行った場合には、このことを知らずに手続きを進めてしまっていることがあります。

 

司法書士や弁護士に支払う報酬がない分お徳ですが、その報酬以上に失うことのほうが多いようです。

税金の申告を自分でやったが、結局税理士に依頼したほうが、税理士報酬を含めても割安だったということはよくあります。

当事務所では初回相談時に後見制度のデメリットの部分も説明しますので、申立人の状況によっては利用を断念するということもあります。

ご自身でデメリットをきちんと把握せずに申立を行い、その後やっぱり辞めたいというように都合よくはいかないようです。

 

取り下げ理由としてよくあるのが、

 

①後見人候補者として申立人自身を立てたが選任してもらえなかった

②後見制度支援信託あるいは監督人を付けるか選択するよう家裁から迫られている

③申立後に財産があまりないことが判明した

④申立後に後見制度を利用する本人の判断能力が回復した

⑤財産が自由に使えないことに不満が出てきた

 

といったところでしょうか。

申立後に財産がほぼないことが判明したケース、申立後に本人の判断能力が回復したケースでは、申立の取り下げが認められました。

しかし、家裁としても取下げは基本的に認めないことが多いので、レアケースといえるでしょう。

 

特に②の「後見制度支援信託あるいは監督人を付けるか選択するよう家裁から迫られている」のケースでの問い合わせが増えてきています。

後見制度支援信託するにも、監督人を付けるのも専門職への報酬が発生します。

後見制度支援信託は信託契約の際に、1回だけ専門職へ報酬を支払えばよいのに対し、監督人を付ける場合には、基本的に本人が亡くなるまで報酬は発生することになります。

しかし、監督人がいる場合には、困ったことや分からないことがあった場合には、気軽に相談でき、定期報告書類も監督人がチェックしてくれるので、安心というメリットもあります。

どちらを選んでもよいですが、後見制度支援信託を選択する場合には、当事務所でご支援できますので、一度お問合せ下さい。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 渋谷区Aさん…

    私の場合、出張で地方にたびたび行っており、相談する時間が土日しかありませんでした。 土曜日に始めて電話をしたら即日相談可能ということだったので、 すぐに事務所に行きました。 仕事の都合上なかなか…

  • 港区Kさん …

    ある弁護士の所に相談に行ったのですが、 結構費用が高かったので、新宮先生にお願いしました。 その他立地が良かったこともあります。…

  • 川崎市Sさん…

    相続と後見の両方でお世話になりました。 相続が複雑だったのでトータルで半年以上お付き合いいただき ありがとうございました。 先生には後見かんとく人にもなっていただいているので、 この先何年もお…

  • 千葉市Tさん…

    成年後見の相談で先生の事務所に伺いました。 私の場合、母は後見を利用できませんでしたので、代わりに遺言書の作成をお願いしました。 たびたび、電話をさせていただいたのですが、丁寧な説明をその都度して…

お客様アンケート一覧についてはこちら
相談・解決事例
Contact
 
PAGETOP