• 渋谷駅より徒歩7分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

03-3486-0557

受付:平日9:00~19:00 土日祝日・夜間要相談

金融機関における本人確認

金融機関における本人確認

 

成年後見の業務を行ううえで最もストレスを感じるのが金融機関の対応についてです。これについては、他の弁護士の先生や司法書士の先生もブログなどで書かれており、みなさんお怒りであることが分かります。

 

銀行でまず後見人の登録をする際、私が持参する書類は、私の運転免許証、職印、職印証明書、後見登録事項証明書、司法書士会員証の5点セットです。私の場合、後見登録事項証明書に記載されている後見人の住所は「事務所の住所」となっています(個人の自宅住所を記載している先生方はなかなか勇気があるなと思います)。事務所住所と個人住所の繋がりを称するために司法書士の会員証も持参します(というか、いつも持っています)。なお、証券会社に後見登録を行うには、現在はマイナンバーの通知書も必要となります。

 

後見人の登録をする際、たまにイラっとするのが、本人の保険証の原本を確認させて下さいとか、そのコピーを持ってきてくださいといわれることがあります。被後見人の本人確認のためと言っていますが、それを持っていく理由が全く分かりません。財産管理だけの後見人をしている場合は、保険証等は親族後見人が持っていますので、わざわざ持参又は郵送してもらうことになります。後見人の登録時に求められることは少ないですが、口座開設・口座解約時にほぼ求められます。常に保険証のコピーは一緒に持参することにしていますが、保険証見てどうするのかといつも思います。まして、口座解約に関しては、口座を開設する際に本人確認を銀行側が行っているはずであり、改めて提出させる理由はなおさら見つかりません。

 

金融機関には、この本人確認の手間とやたらと時間が掛かるのを早急に何とかして頂きたいと思います。私が後見人になった場合には、被後見人の口座は高額な定期預金があるなどの場合を除き、基本的に2つ、3つの口座に集約して、業務を行いやすいようにしています。手間の掛かる金融機関やダラダラと時間の掛かる金融機関は、真っ先に解約の候補になります。

 

余談ですが、なれていない行員だと後見登録の際、持参した通帳の口座以外ないか調査をお願いしたところ、個人情報なのでご本人にしかお伝えできませんといわれることもあり、これにはさすがにキレました。。

 

 

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 渋谷区Aさん…

    私の場合、出張で地方にたびたび行っており、相談する時間が土日しかありませんでした。 土曜日に始めて電話をしたら即日相談可能ということだったので、 すぐに事務所に行きました。 仕事の都合上なかなか…

  • 港区Kさん …

    ある弁護士の所に相談に行ったのですが、 結構費用が高かったので、新宮先生にお願いしました。 その他立地が良かったこともあります。…

  • 川崎市Sさん…

    相続と後見の両方でお世話になりました。 相続が複雑だったのでトータルで半年以上お付き合いいただき ありがとうございました。 先生には後見かんとく人にもなっていただいているので、 この先何年もお…

  • 千葉市Tさん…

    成年後見の相談で先生の事務所に伺いました。 私の場合、母は後見を利用できませんでしたので、代わりに遺言書の作成をお願いしました。 たびたび、電話をさせていただいたのですが、丁寧な説明をその都度して…

お客様アンケート一覧についてはこちら
相談・解決事例
Contact
 
PAGETOP