• 渋谷駅より徒歩7分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

03-3486-0557

受付:平日9:00~19:00 土日祝日・夜間要相談

認知症の母が所有する建物を処分したい

【ご相談者様の状況】

母が10年前に脳梗塞になり、時間や方向感覚が失われる失見当や記憶障害などを発症し、血管性認知症となってしまったという依頼者からの相談でした。

母が所有する田舎にある建物の老朽化が進み、また、長年放置されていたため近所からのクレームがあったことから、相談者自ら後見人になって、建物の処分等の手続きを行いたいというケースでした。

【当事務所のサポート内容・結果】

依頼者は平日とても忙しい方でしたので、戸籍など必要書類の収集が困難ということもあり、当事務所ですべて取得を代行しました。

その後、家庭裁判所に後見申立手続きを行い、依頼者自身が後見人として無事に選任されることになり、建物の処分等も行うことができました。

 

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 渋谷区Aさん…

    私の場合、出張で地方にたびたび行っており、相談する時間が土日しかありませんでした。 土曜日に始めて電話をしたら即日相談可能ということだったので、 すぐに事務所に行きました。 仕事の都合上なかなか…

  • 港区Kさん …

    ある弁護士の所に相談に行ったのですが、 結構費用が高かったので、新宮先生にお願いしました。 その他立地が良かったこともあります。…

  • 川崎市Sさん…

    相続と後見の両方でお世話になりました。 相続が複雑だったのでトータルで半年以上お付き合いいただき ありがとうございました。 先生には後見かんとく人にもなっていただいているので、 この先何年もお…

  • 千葉市Tさん…

    成年後見の相談で先生の事務所に伺いました。 私の場合、母は後見を利用できませんでしたので、代わりに遺言書の作成をお願いしました。 たびたび、電話をさせていただいたのですが、丁寧な説明をその都度して…

お客様アンケート一覧についてはこちら
相談・解決事例
Contact
 
PAGETOP