• 渋谷駅より徒歩7分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

03-3486-0557

受付:平日9:00~19:00 土日祝日・夜間要相談

叔父(叔母)の成年後見の申立てをしたケース

【ご相談者様の状況】

最近ご相談が多くなっているのが、自分自身の両親の後見申立ではなく、叔父や叔母の後見申立です。

今回のご相談者様も未婚で子供がいない叔父の後見申立を行いたいということでご相談にいらっしゃいました。

相談者様が子供の頃にとても親切にしてもらったからという想いがあるようです。

ただし、相談者様はまだまだ現役バリバリで仕事をしており、会社でも重要な管理職に就いていたため、自分が後見人になりたいが、当事務所の新宮司法書士も一緒にやってくれないかという要望がありました。

どうしても金融機関や役所の手続は、平日しか行うことができないため、当事務所の新宮司法書士も合わせて後見人となることで、円滑に後見業務を行えるようにしたいとのことでした。

【当事務所のサポート内容・結果】

叔父様は、東京近辺の有料老人ホームに入所しており、認知症が進んでいたため、ご自身で財産管理を行うことができず、またホームの費用も支払うことができなかったため、住所地を管轄する家庭裁判所へ成年後見の申立てを行い、相談者様と新宮司法書士が共同で後見人となることができました。

空き家となっているご自宅の電気、水道、ガス、NTT、火災保険などの契約の有無を確認し、不要なものは解約し、郵便関係の書類も当事務所へ届くように、各所へ連絡しました。

相談者様は、叔父様の話し相手や体調管理を行う身上監護に特化し、新宮司法書士は事務手続きなど財産管理に特化して明確に役割分担を行い、スムーズに後見業務が行えるようにしていきました。

当事務所では、今回のケースのように、親族の方と当事務所の司法書士の2人が後見人となることが多いです。

後見業務に特化した司法書士が一緒に後見人となることで、業務量の軽減、不安の解消、後見業務のリスク管理が行えます。

また、身上監護の面においては、第三者よりも家族・親族の方が行うほうが好ましいことも多いため、今回のようなケースが増えています。

 

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 渋谷区Aさん…

    私の場合、出張で地方にたびたび行っており、相談する時間が土日しかありませんでした。 土曜日に始めて電話をしたら即日相談可能ということだったので、 すぐに事務所に行きました。 仕事の都合上なかなか…

  • 港区Kさん …

    ある弁護士の所に相談に行ったのですが、 結構費用が高かったので、新宮先生にお願いしました。 その他立地が良かったこともあります。…

  • 川崎市Sさん…

    相続と後見の両方でお世話になりました。 相続が複雑だったのでトータルで半年以上お付き合いいただき ありがとうございました。 先生には後見かんとく人にもなっていただいているので、 この先何年もお…

  • 千葉市Tさん…

    成年後見の相談で先生の事務所に伺いました。 私の場合、母は後見を利用できませんでしたので、代わりに遺言書の作成をお願いしました。 たびたび、電話をさせていただいたのですが、丁寧な説明をその都度して…

お客様アンケート一覧についてはこちら
相談・解決事例
Contact
 
PAGETOP