• 渋谷駅より徒歩7分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

03-3486-0557

受付:平日9:00~19:00 土日祝日・夜間要相談

成年後見人を交代することはできますか?

成年後見人を交代することはできますか?

 

 「成年後見人を交代させることはできるでしょうか?」

1、2ヶ月に1回程度このような相談を受けることがあります。事情は人それぞれです。例えば、当初自ら進んで後見人となったものの日頃の財産管理や定期報告が面倒くさくなったり、仕事が忙しくなったり、家族が病気になったりして、他の人に後見人となって欲しいと希望する場合。他には、当初後見人として家族がなっていたものの、専門家が途中で後見人となった場合(最初から専門家が後見人となった場合も含みます)で、後見人の業務内容に不服があるケースなどがあります。

 

前者は、事情によっては交代が認められる場合があります。後見人自身が高齢、病気となった場合や家族の介護や仕事で遠距離になってしまうなど合理的理由があれば、後見人の辞任を家庭裁判所は認めてくれる場合があります。単純に辞めたい、後見人の業務が面倒くさいので辞任したいといった理由では認められません。何年も経つと忘れてしまうかもしれませんが、これは後見人に選任される際に説明を必ず受けますのでご注意下さい。被後見人が亡くなるまで、後見人としての業務は続きます。

 

後者は、基本的には認められません。その専門家が違法な行為を行っているなどの事情がない限り、認められません。後見申立時からその専門家が関与していれば、申立の背景を理解し、家族との信頼関係もあって後見人を代えたいというミスマッチは少ないと思いますが、申立時から関与していないほうが圧倒的に多いのが現状です。被後見人の家族としては、誰が後見人になるのか分からないというのは、非常に心配なところでもあります。なかなか被後見人本人のためという視点ひとつとっても専門家らから見る視点と家族から見る視点は違っていたり、難しいものです。できるだけその専門家とコミュニケーションをとるようにとアドバイスしても、家族が拒否している場合もありますし、専門家があなたは関係ないからといって話し合いできないこともあります。専門家が後見人の場合は、まず交代はできないと考えて頂ければと思います。

 

なお、後見人の交代といっても、「辞任」と「選任」の一連の流れをいうだけで、「選任」については申立時と同様に裁判官が誰を選任するかの決定権をもっており、これには不服申し立てはできません。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 渋谷区Aさん…

    私の場合、出張で地方にたびたび行っており、相談する時間が土日しかありませんでした。 土曜日に始めて電話をしたら即日相談可能ということだったので、 すぐに事務所に行きました。 仕事の都合上なかなか…

  • 港区Kさん …

    ある弁護士の所に相談に行ったのですが、 結構費用が高かったので、新宮先生にお願いしました。 その他立地が良かったこともあります。…

  • 川崎市Sさん…

    相続と後見の両方でお世話になりました。 相続が複雑だったのでトータルで半年以上お付き合いいただき ありがとうございました。 先生には後見かんとく人にもなっていただいているので、 この先何年もお…

  • 千葉市Tさん…

    成年後見の相談で先生の事務所に伺いました。 私の場合、母は後見を利用できませんでしたので、代わりに遺言書の作成をお願いしました。 たびたび、電話をさせていただいたのですが、丁寧な説明をその都度して…

お客様アンケート一覧についてはこちら
相談・解決事例
Contact
 
PAGETOP