• 渋谷駅より徒歩7分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

03-3486-0557

受付:平日9:00~19:00 土日祝日・夜間要相談

法定後見と任意後見の違い

法定後見と任意後見の違い

 

「成年後見」という言葉は、だいぶ一般的に認知されてきました。特に60歳以上の方々には自分自身の問題として、あるいはもう少し若い年代の方には、自分たちの親の問題として、見たり聞いたりしていることも多いのではないでしょうか。

 

といっても、具体的にどういった制度であるかはなかなか知る機会もないし、必要に迫られる局面になって初めて、色々調べるという人のほうが多いでしょう。

 

ここでは、「法定後見と任意後見の違い」について書いていきます。

 

「法定後見」とは、本人の判断能力が不十分になったことにより、親族が家庭裁判所に対し、後見人選任の申立を行い、家庭裁判所が後見人を選任する制度です。

「任意後見」とは、任意後見人を自らの意思によって選ぶことができ、その権限の範囲も自分で決定することができる制度です。後見人となる者を家庭裁判所が選ぶのか、自分自身で選ぶのか、またその権限の範囲を自分で決められるのか、決められないのか、似たような言葉ですが、その制度の違いは大きいです。

 

本人の判断能力が不十分になる【前】であれば、任意後見制度を、【後】であれば法定後見制度を利用することになります。任意後見は自分で後見人を選び、権限を与えるわけですから、判断能力がなければそもそも利用することはできません。法定後見は既に認知症などで判断能力が低下してしまった後に利用するもので、一方任意後見は、自分の将来に備えて早めに準備する制度となります。

 

法定後見の場合、親族がなったり状況によっては専門家がなったりします。あくまで家庭裁判所が、後見人として相応しい人を後見人に選任し、裁判所がその後見人に不正がないようチェックします。任意後見は、自分が選ぶことができるため、信頼できる人に任せられる安心感があります。しかしながら、そこはリスクとも隣り合わせでもあります。一人暮らしの高齢者に巧みに近づき、任意後見人となって、必要のないリフォームや金融商品の購入、不動産の売買などを行う犯罪行為に巻き込まれる恐れもあります。特に一人暮らしの高齢者は社会との接点が希薄になるため、優しくされると悪人の言葉を容易に信じてしまったり、騙されたりすることがあります。司法書士や弁護士など国家資格者であればそのリスクは相当減少しますし(ゼロにはなりませんが。。)、長年付き合いのある人などその人のことを本当に理解できているという人を任意後見人とすることをお勧めします。

法定後見は、裁判所が後見人を選任し監督するため、任意後見に比べたら安心できるのではないでしょうか。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 渋谷区Aさん…

    私の場合、出張で地方にたびたび行っており、相談する時間が土日しかありませんでした。 土曜日に始めて電話をしたら即日相談可能ということだったので、 すぐに事務所に行きました。 仕事の都合上なかなか…

  • 港区Kさん …

    ある弁護士の所に相談に行ったのですが、 結構費用が高かったので、新宮先生にお願いしました。 その他立地が良かったこともあります。…

  • 川崎市Sさん…

    相続と後見の両方でお世話になりました。 相続が複雑だったのでトータルで半年以上お付き合いいただき ありがとうございました。 先生には後見かんとく人にもなっていただいているので、 この先何年もお…

  • 千葉市Tさん…

    成年後見の相談で先生の事務所に伺いました。 私の場合、母は後見を利用できませんでしたので、代わりに遺言書の作成をお願いしました。 たびたび、電話をさせていただいたのですが、丁寧な説明をその都度して…

お客様アンケート一覧についてはこちら
相談・解決事例
Contact
 
PAGETOP